贅沢な7つのフルーツエキスでお肌ぷるぷる角質ケア

柔らかい肌=綺麗な肌

7つの果実のフルーツ酸

お肌を柔らかくしないといけないが強いピーリングはお肌に負担がかかるし、日々のお肌のお手入れには不向き、そして自然のものがいいなと探して見つけたのは7つの果実から抽出されたフルーツ酸。

私がとにかく拘ったのは1日の終わりに必ずメイクを落とすクレンジングがお肌にやさしく、そして毎日のクレンジングが“楽しみ”になること。
お肌が薄くなり過ぎず、堅くなってしまった角質のケアをしてお肌を柔らかくするために毎日お手入れをしましょう。

✽7つの果物から抽出されたフルーツ酸をご紹介

サンザシ・・ポリフェノール、ミネラル、食物繊維が豊富の果物です。甘すっぱく、梅酒みたいに果実酒としてサンザシ酒というものがあったり、ジャムになったりとイチゴみたいな果物です。食用としてとても長い歴史を持ち、生薬にもなってきた美容の果物です。

グレープフルーツ・・お馴染みの果物。ビタミン豊富、ダイエットにも利用された時もあった果物ですね。

タイソウ又はナツメ・・古い時代に中国から日本に渡来した果物で万葉集にも詠まれています。私はドライフルーツをよくナツメを食べます。ちょっとお腹が減った、というときに、ちょうどいい甘さと重さです。漢方処方もされている果物です。

リンゴ・・お馴染みの果物。ポリフェノール、ビタミン豊富、これもダイエットと日常時な果物です。天地創造という神が人間を作ったアダムとイブ、ギリシャ神話にもリンゴって何かと出現。白雪姫にも、リンゴが出現しますね。なんだかとても歴史の深い果物です。

オレンジ…お馴染みの果物。甘味が強く、甜橙類に属しています。ジュース定番ですね。太陽をイメージするオレンジ。言うまでもなくビタミン豊富です。

ライム・・青いレモンみたいな果物です。ライムはそのまま食べることはあまりないけれど、炭酸飲料やお酒の場にライムが出現しますね。あとはお肉や魚料理にライムをしぼって風味とさっぱり感を味わえます。酸っぱい果物なのでビタミン豊富そうです。

レモン・・有名でよく聞くのはシチリアレモンでしょうか?ライム同様でそのまま食べるより、ドレッシング、お肉、お魚、また日本、中国、欧米、北欧とどの食事にもレモンは馴染んでいるような気がします。イメージ通りビタミンCですね。また化粧品原料としては最も使われている柑橘類のようです。

✽この7つの果物エキスを使っているのがつるこすめのクレンジングクリームです✽

よくわからない素材ではなく安心して利用できる素材を選択しています。果物エキスで毎日お肌をきれいにきれいにケアして大人ニキビから脱出していきましょう。そして肌を柔らかく触りたくなる肌にしていきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加