何故つるこすめがクリーム状のクレンジングなのか?

✽約13年後に再会したクレンジングクリームに魅了されました

大人ニキビ肌に悩む人生の中でクレンジングクリームは私にとって一番遠い存在でした。
当初、大人ニキビ肌人生の幕開け20歳になる前に通っていた皮膚科の先生が薬局で販売されている大きなジャーの入れ物に入ったクレンジングクリームを勧めてくれました。
ただこのクリームはベタベタするし、なんだか使い心地が良くなくて長続きをしなかったんです。
皮膚科の先生が営利目的ではなく大人ニキビ肌になっている私にベストと思い勧めてくれたものだったけれど良いとか悪いとか判断も付かぬまま。その後、私はクレンジングクリームを試すことなく出会うこともなく時が過ぎ遠い存在へ。
そしてクレンジングクリームに再開したのは約13年後(笑)
自分の肌を実験台にして「つるこすめ第一弾の試作」がなんとクレンジングクリーム。
ちょっと待って!!って思いながら1週間くらいの使い心地も肌がさっぱりしないので「残った感じ」で違和感だらけ。
でも数日経過した時の夕方・・
いつも皮脂でメイクの崩れが酷いし、テカテカして気になって仕方なかった私の肌に変化が現れました。
〇ファンデーションの崩れがあまりない
〇テカテカしてない
〇いつもより乾燥もしてない
そして朝の肌にも変化が・・
〇手で触ると脂だと思う皮脂量だったのがさらっと
〇しっとりいい具合の手触り

まさかのクレンジングクリームでした。
こんな肌の変化に感激しているとなぜか肌荒れが治まっていく。。
不思議だなと思いながら私の肌は一つの答えを出しました。

✽皮脂バランスが綺麗な肌になるための近道だということ

綺麗な肌に戻りたくて一生懸命手入れをしすぎでいたんだなと実感しました。
必要な皮脂を残すことで肌は潤いを保てます。
必要な皮脂があるからこそ乾燥を防げます。
そして皮脂バランスが整うことで肌のターンオーバーも整い皮膚の入れ替わりが正常になっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加