クレンジングクリームを深堀り

使ったらクセになるのがクレンジングクリーム

20代から40代くらいまではあまり馴染みがないのではなでしょうか?60代くらいになるとクレンジングクリームは馴染みがあるように感じます。おそらくここ数年でクレンジング剤はジェルやオイル、ウォーターと様々な種類のものが出現しています。クレンジングクリームが肌に優しい理由やクレンジングクリームの良し悪しを調べて書いていこうと思います。

クレンジングクリームは最後に辿り着く肌に優しいクレンジング

“私の肌を理想の肌にしてくれるクレンジングはどこに?”と思いながら約10年経過。つるこすめはクレンジングクリームで作られ、ここ数ヶ月にオフレコで販売をしていて分かったこと。20代から30代はクレンジングクリームをほとんど使ったことがないってこと。オイルやジェル状のクレンジングを使っている率が圧倒的に多い。なぜクレンジングクリームはなかなか出会ってないのだろう??と思った時にCMや広告宣伝でクレンジングクリームを大きく宣伝している化粧品会社が少ない。そもそも使うきっかけがなかなか得られていないのかもしれません。今回、初めてクレンジングクリームを使用した人たちは肌の触り心地や化粧ノリと肌の変化を続々と感じていました。理由は簡単です。“落とし過ぎない”“肌に負担を与えないクレンジングクリーム”だったから。皆、素朴なお肌の悩みを持っています。乾燥や敏感、肌荒れと。。原因は肌を守るバリアのために存在している皮脂を強い洗浄力で根こそぎ落としてしまっているためでしょう。クレンジングクリームの良さは様々なクレンジング剤を試している人なら一目瞭然です!

クレンジングクリームの使用感

一言でいうと“不思議な洗い上がり”です。肌がベールに包まれているような何とも言えない洗い上がり。初めてクレンジングクリームを使う方で今までのクレンジング剤が“さっぱり”“肌がキュッキュッ”となるような洗い上がりを使っていると。
“肌に残った!!”感じが強く感じられ、気になる!なとなるのは間違いなし。でも、この“残った感じ”が“肌のベール”と感じてくる1週間後にはクレンジングクリームの虜になっていきます。そして化粧ノリ良くなったり、夕方の化粧崩れが以前よりなくなったり、1週間の間に様々なお肌の変化が起きてくるでしょう。“クレンジングクリームって凄い!”と思えてきます。

クレンジングクリームと相性しらべ

化粧品だけでなく世の中すべてのものに言えること。十人十色です。クレンジングクリームと相性が良い人と悪い人の条件をピックアップしてみますね。

クレンジングクリームと相性悪し

・まつエクをしている方・・まつエクは油分と相性がよくない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加